第一工業製薬は創業以来、「品質第一、原価逓減、研究努力」の社訓を経営の基本精神にして会社を運営してまいりました。産業が化学化すると言われる21世紀に入り、「産業を通じて国家・社会に貢献する」社是の輝きが増します。世界全体をわたるグローバル化の時代であるからこそ、国境が示す独自性、日本の良さを先人の教えに見ます。化学の素材メーカーの存在意義を社員の一人ひとりが日々かみしめています。

「研究努力」が、「品質第一」と「原価逓減」を実現する原動力であり、技術が成長の源です。創業の精神を大切にして、私たちは技術と製品の開発に取り組んできました。材料別に仕分けたコア事業は、「界面活性剤事業」、「アメニティ材料事業」、「ウレタン材料事業」、「機能材料事業」、「電子デバイス材料事業」の5つです。顧客満足を実現する製品ラインアップの一層の充実を図ります。新しい事業を育成し続け、お客様が望まれるニーズに対応いたします。

2015年4月から「REACT1000」と名付けた5カ年経営計画が始まりました。REACTには、互いに、すばやく、応えながら、力強く行動するという意味があります。飛躍への行動を、が副題となっています。生産、研究、営業の複合基地となる四日市のマザー工場を主軸に生産性を高める3年間が、その後の飛躍の2年間の前工程となります。会社の持つ経営資源を最大限に活用するREACTの戦略で総合力を高めます。「こたえる、化学」を繰り返す行動で実現する5年間です。

新計画の初年の6月1日からコーポレートガバナンス・コードが施行されました。成長による経済の好循環の道が国家的に問われています。『日本の工業 日本の富を 促し文化の光りを増さん』。第一工業製薬の社歌は、社是、社訓と三位一体の企業統治を構成します。存在感のある企業として、社会、お取引先様、株主様、社員という4つのステークホルダーの視点を意識した経営を行います。
一層のご理解とご支援を頂き、お引き立てを賜りますようお願い申し上げます。




社名第一工業製薬株式会社
創業 明治42年4月
創立 大正7年8月
資本金 88億95百万円
従業員数 495名(連結982名)
(2016年3月末現在)
本店 〒600-8873京都市下京区西七条東久保町55
本社 〒601-8391京都市南区吉祥院大河原町5
TEL:075-323-5911 FAX:075-326-7356
→本社アクセス・地図
東京本社 〒104-0031東京都中央区京橋1-3-1八重洲口大栄ビル8階
TEL:03-3275-0561 FAX:03-3275-0593
→本社アクセス・地図
事業内容 界面活性剤を始めとする、各種工業用薬剤の製造・販売。